ミュンヘン(München Munich)ガイド / 博物館・美術館・史跡、美味しいもの、そしてコンサートのご案内

ミュンヘン(München Munich)の博物館・美術館・史跡、美味しいもの、そしてコンサートを以下の項目別にご案内。
ミュンヘンへ / 空港から市内へ
ミュンヘンの博物館
ミュンヘンの美術館
ミュンヘンの史跡
ミュンヘンの博物館/美術館ではコンビチケットがお得
美味しいミュンヘン
ミュンヘンでの音楽

● ミュンヘンへ / 空港から市内へ

ミュンヘンに行く為に成田空港を発つ際は生憎の大雨に見舞われ空港へのアクセスやトランジットなど不安の多い旅立ちとなった。幸いトラブルには見舞われなかったが、この辺りの顛末は別記事『大空港の乗り継ぎ(トランジット)のミスとロストバゲージの恐怖』をご参照いただきたい。
トランジットのモスクワからミュンヘンまでは空路は3時間。短い時間ながら夕食がキチンと供され少々驚いた。ミュンヘン空港は予定通り夜遅く22時半に到着したが、荷物もすぐに受け取ることができた。
空港から町中心部へは、鉄道(Sバーン)を用いる。空港内の「S」の標識をたどって行けば、地下にある駅にすぐに到着できる。電車も遅い時間にも関わらず、間隔短く発着しているので、1時間もかからず、ミュンヘン中央駅に到着。
初日は夜も遅いのでアパート泊を避け、ミュンヘン中央駅から近いホテルを1拍で予約したので、徒歩で向かった。土曜日の夜だったが12時近くでも駅には人もたくさんおり、店もたくさん開いている。これなら日曜日にどの店もお休みになってしまうドイツでもなんとかしのげると安心した。

● ミュンヘンの博物館

・ミュンヘン市博物館(Münchner Stadtmuseum)

逗留先の都市の歴史博物館にはなるべく早い内に行き、歴史を知ってから街を歩くようにしている。ご多分に漏れず大都市かつドイツらしい立派な博物館で、郷土資料館というよりも、郷土資料に加えてお得意の収蔵品を加えた形。もちろんミュンヘンの歴史をおさらいがしっかりできる。ただ、凄いのは3階にある何万体ものの人形博物館、主に人形劇のものだが、からくりの説明から、造形の見事さ奇抜さに見入る。ドイツの紙芝居と言ったところか。上演の動画を見ていると子供たちの歓声と人形使いのボルテージの高さに引き込まれる。

エレベーターに乗ってみると、先ほど見たところのもう一つ上の階があるようなので、行ってみると巨大な楽器博物館となっていた。階段のアクセスがないので、このフロアは見逃しがち。古い建物は往々にして、こういう構造のものがある。ちなみにこの博物館の建物はとても立派で元武器庫、王室厩舎だったらしい。
その楽器博物館フロアだが、ここも広く今まで見てきた楽器博物館の中でも規模は最大級のひとつ、弦楽器などジャンル別に展示され、アジアの楽器も集められている。

・ババリア・フィルムシュタット(Bavaria Filmstadt)

ミュンヘン郊外の映画村。その体裁が風変わりで面白い、本格的な撮影スタジオ建物群の合間にアトラクションを点在させてあるのだ。つまり、映画関係者も歩き回るスタジオ敷地内をガイドに連れられて、見学して回る形になる。自分が映画関係者になったかのような気分にさせられ、オフィスやスタジオの日常が垣間見られるアットホームな感覚が楽しい。
2時間半のツアーに参加したが、お目当てはウォルフガング・ペーターゼンが監督した映画『U・ボート』(Das Boot)の巨大セット。この映画のファンとしては是非とも訪れてみたかった。
尚、鉄道で向かうと駅から歩いて間もなく Bavaria Film の立派なゲートが目に入る。しかし、観光客はここから入るのでなく手前で一般道を左に曲り、スタジオを大きく迂回して10分程度歩く必要があるので、注意が必要だ。うっかりここから入ると広いスタジオの敷地を徘徊することになる。

・ドイツ博物館(Deutsches Museum)

通常博物館は月曜日休みだが、ここは奇特にも開館、その為月曜日は少々混んでいた。ミュンヘンと言う内陸に位置しながらも船舶関係が充実、その他はエネルギーの発展史、ガラス、窯業等々あらゆる産業におよぶ。敷地はとにかく広く、解説をロクに読まずに徘徊しても4時間を要した。結局、数日後再訪し所要時間都合9時間ですべてを見終えた。
船舶関係の充実度はハンブルクの海事関係各博物館には劣るが、体系だって由緒ある博物館でひとまとめに見られるのはありがたい。そして、見事な船舶模型の数々は眺めてるのは、時を忘れるほど楽しい。
特筆すべきは採掘の展示。博物館地下に設置されている、いつ終わるともしれない地下の細い坑道を延々と歩かされる。その途中にちょっとした展示物がある。歩いていると息苦しくなるような、長い行程を歩かされ、これも展示趣旨の一環なのかもしれない。

・シュライスハイム航空館(Deutsches Museum Flugwerft Schleißheim)

ミュンヘン中心からはSバーン1で40分ほど揺られ、駅を降りてからは20分ほど徒歩となる。ドイツ博物館の分館にあたり、ドイツ博物館で購入してあった共通券を使用した。ドイツ博物館の管理下なので正統派で展示方法も真面目。いきなり戦闘機がどーんと目の前に現れたりはしない(笑)。エンジン好きの自分には好ましいことに、大量のエンジンが剥き出しで展示されており、カットモデルも多数ある。更には飛行機のエンジン部分のカバーをご丁寧に外しているものも多い。
独特の機体をあえて集めているようで、どの機種も見応え十分。ドイツがVTOLジェット戦闘機(EWR VJ 101)を開発していたとはここで初めて知ったし、ドルニエ Do 31(Dornier Do 31)というVTOLジェット輸送機まで開発していた。また、広いハンガー内で複葉機(Otto-Doppeldecker)のレストアをおこなっており、楽しそうでよい仕事だなぁ、とその作業を眺めつつのんびりできる。
航空館の中にはコーヒー販売機付きのフリースペースがあり、持参したサンドイッチを食べた。田舎の博物館はカフェこそないが、こういったフリースペースがあるのがよい。

・ドイツ博物館 交通センター分館(Deutsches Museum Verkehrszentrum)

こちらも航空博物館と同様でドイツ博物館の分館なので共通券入ることができる。建物は3つに別れ、自動車、オートバイ、鉄道の三種類を展示。毛色が変わった車両を中心に展示しているようだ。ミュンヘンの鉄道には可愛いマークが描かれている。これは市の紋章で修道僧だそう。そもそもミュンヘンの名の起源がMönch(僧侶)から来ている故とのこと。

ミュンヘン市の紋章 @ミュンヘンの地下鉄にて

都心内にこれだけ立派な交通博物館があるのは珍しい。大きな車両や列車などまで展示してあり、子供も夢中になっていた。こういった情景を見ると、今はもうない神田の交通博物館が懐かしく感じる。

・バイエルン州立博物館(Bayerisches Nationalmuseum)

名称から判断不能だが実は工芸美術館でアルテ・ピナコテークよりも広く、工芸博物館としては一級品で内容も充実している。展示品は象牙、金細工、織物、陶器、タペストリー、キリスト教関係木彫、楽器、家具、ミニチュアなど多岐にわたり、各々が膨大な展示数。象牙や金物細工など加工のプロセスの動画も各ブースにあり、それがまた丁寧に仕上がっていて職人の手さばきを見ていて飽きない。また、地下に広がる人形ジオラマ群も凄い。こういう収蔵品を見るとミュンヘンはとことん奥が深い街と感じる。都合5時間弱の滞在でやっとすべてを見終えた。宝物を見るならレジデンツよりもこちらをお勧め。

・BMW博物館(BMW Museum)

一部改装工事中で過去のオートバイラインナップと古いエンジンの歴史が見られなかったのが心残り。総じてブランディングの上手さを感じる企業博物館。しかし、技術が躍進した戦争時代の展示が一切ないのと、本業だった航空機エンジンの展示が少ないのには疑問。ついでに、お向かいにあるBMW Weltなる巨大ショールームにも寄ってみた。バイクの新車も豊富に展示されており、固定されたバイクに誰でもまたがることができる。子供たちまで大きなBMWのバイクにまたがって楽しんでいた。ショップのグッズも豊富で,ここでもブランディングのうまさに舌をまく。

● ミュンヘンの美術館

・アルテ ピナコテーク(Alte Pinakothek)

ミュンヘン訪問で一番楽しみにしていた美術館。訪れた時の特別展はヴァン・ダイク。ヴァン・ダイクは同作品を複数描いており、その比較がいくつか展示されている。中でも目を引いたのは「聖セバスティアヌスの殉教」の2枚。1枚は写真におさめたが、もう一方のほうは特別展中1点だけの撮影禁止絵画。気づかずカメラを構えたらスタッフに警告されてしまった。悔しいのでキャプションボードだけ撮らせてもらった笑。これによるとスペインのエル・エスコリアルの絵画館の収蔵品らしい。あそこは建物も美術品も大物の素敵なものが多く再訪したいところ。エル・エスコリアルは、当時も撮影禁止だったけれど、まだそれが続いているのだろうか。
ルーベンス『幼児虐殺』の母親たちの凄まじい形相が印象的。旅の都度、追いかけているブリューゲルもじっくり見る、ヒエロムニス・ボスも1点見つけた。尚、ノイエ・ピナコテークが改装中につき一部作品がこちらで展示されている。

直線の建物なので彼方が見通せる、通常はうんざりするが、素敵な絵画がふんだんにあるので気にならない。別日にもう一度訪問し都合9時間、それくらい時間を割いてもよい美術館。

https://www.instagram.com/p/B4e4Zv6AObG/

・レンバッハハウス美術館(Städtische Galerie im Lenbachhaus und Kunstbau München)

若い頃に1度訪れて、カンディンスキーが好きになるきっかけとなった美術館、小ぶりで自分好みの美術館でもある。カンディンスキーやクレーの先生にあたるフランツ・フォン・シュトゥック(Franz von Stuck)のサロメ、副題にコンサートとついたカンディンスキーの作品はは30年間記憶に残っている。
つらつら画を眺めていて面白かったのは、カンディンスキーの恋人だったガブリエル・ミュンターが描いたカンディンスキーの素顔。ミュンター作「カンディンスキーとエルマ・ボッシ」(1912年)のカンディンスキーは、半ズボンなのであろうか、ちょっと茶目っ気がある。また、ミュンター作「MAN AT THE TABLE」(1911年)に描かれているのもカンディンスー。カンディンスキー本人も気に入った一枚だと言う。単純化されたパーツと構図が面白い。画には緊張感があるのにカンディンスキーはリラックスしているように見える。この美術館のカンディンスキー作品はミュンターが寄贈したもので、そのおかげで一大カンディンスキー美術館となっている。ただ、2人の末路はとても辛いので、これらの絵は2人の幸せだった日々に想いを巡らしながら観ることになる。
この美術館は本当に建物も素晴らしく、レンバッハさんの邸宅だった部分も残されており、これも美術館に雰囲気を加えている。どこもかしこも素敵すぎる建物と絵画で立ち去りたくないと想いから結局3周ほど回ってやっと後にした。尚、この美術館に訪れた際の受付窓口の客さばきが上手くいっておらず、たいした行列でもないのに20分待ちであった。どうもシステムが煩雑なようでチケットを1枚発券するのに随分と時間がかかる様子。観光シーズンは凄いことになりそうなので、多少余裕をもって行ったほうがよさそうである。

・シュライスハイム城(Schloss Schleißheim)/ バイエルン州立美術館

ここは旧館(Altes Schloss Schleißheim)と 新館(Neues Schloss Schleißheim)に分かれており、旧館は郷土資料館だがややしょぼい。新館はバロック絵画を中心に展示しており、バイエルン州立美術館。ここはアラン・レネ監督の『去年マリエンバートで』のロケ地のひとつでもある。お城なので、当然かなり広いのだが、なんと人がほとんどおらず、美術館を独占状態。『去年マリエンバートで』の映画内にいるようで、美術館に、こんなに人がいない経験は初めてである。
お城の美術館はどこもそうだが、薄暗く照明の当て方もいまひとつなので絵は見にくい。ただ、丹念に見ていくとレンブランドはもちろん、グレコ、プッサン、ホセ・デ・リベーラにカラバッジョ(?)まである。一人で美術館兼お城をウロウロできるのはそうないので、ついつい王様気分で長居をしてしまった。

・ピナコテーク デア モデルネ(Pinakothek der Moderne)

ここはアルテ・ピナコテークで購入したコンビチケット(5館共通)共通券が使える。建物がモダンの極みで大きな箱にも関わらず、どの方向をみても切れ味鋭いデザイン性を感じる。
とてもよかったのがドイツの近現代の絵画展示。各部屋が「青騎士」、「ブリュッケ派」、「第一次大戦時のアーティスト」、「バウハウスと構成主義」、「ナチス下のアーティスト」とわかれており、各々に相当数の作品が展示されていて、俯瞰してドイツ近現代を観ることができる。ブリュッケのキルヒナーには一部屋あてがわれていた。ミュンヘンで活躍した人ではないので意外であり、まとめて観る機会が少ない人なのでありがたい。
今年はバウハウスは開校100周年なのであちこちで特別展をやっているらしいが、ご多分に漏れずミュンヘンでもということか、バウハウスの企画展をやっていた。展示数こそ多いが、残念ながら特筆すべきような展示はなかった。

・ブランドホルスト ミュージアム(Museum Brandhorst)

ピナコテーク・デア・モデルネのお隣、アルテ・ピナコテークなどのコンビチケット(5館共通)が使える。ここは比較的新しくできた現代アートの美術館、サイ・トゥオンブリ(Cy Twombly)の大作が集中的に展示されていた。この方、すでにかなり著名な方らしい。こういう作品に触れられるのは、欧米の大都市の現代美術館に行くしかないし、やはり建物が大事と痛感。どの部屋も天井高が異様に高く、設計時の志の高さがうかがえる。

・シャック コレクション / シャック ギャラリー(Schack-Galerie)

アルテ・ピナコテークなどのコンビチケット(5館共通)が使える。建物は邸宅を美術館にしたようなしつらえ。手頃なサイズの美術館で自分好み。ここもほとんど客がおらず、訪れた時は「屋敷の主」状態。アルノルト・ベックリン(Arnold Böcklin)の作品が大量にあり、まとめて見られるのが嬉しい。古い屋敷にベックリンの夢うつつの世界を彷徨う。幻想的な世界がなじみ、居心地がとてもよい美術館。そして、邸宅を貸し切ったような贅沢さ。

● ミュンヘンの史跡

・ミュンヘン・レジデンツ(Residenz München)/ グロット宮殿(Grotto Courtyard)

コンサートホールのヘラクレス・ザールと同じ建物にある。王宮関係はあまり見てまわらないのだが、ちょっと禍々しい感じがするグロット宮殿(Grotto Courtyard)を見たくて出向いた。チケット売り場に並ぶとコンビチケットがあり、宝物殿を追加4ユーロで見られるというので、こちらもついでに入ってみた。
宝物殿は金細工の施されたまばゆい品々でいっぱいだが、つい目が精緻な小物類に行く。王族たちが使ったはさみやスプーン、砂時計など精巧なデザインで興味深いものがかなりある。
宮殿には宝物殿とは別の入口から宮殿に入る。グロット宮殿は入口から入ってすぐのところにあった。貝殻で装飾され、エスニックな雰囲気も漂う奇っ怪な宮殿、「グロッタ」とは洞窟を意味する。この洞窟のコンセプトはイタリアやフランスに以前からあったスタイルで、貴族たちは庭園にわざわざ人工の海底洞窟や鍾乳洞を模したものを造った。彼らはそこで宴会をひらいたり、愛を交わす密会場所として使ったらしい。また、母胎をイメージさせることから婚礼の場としても使われたようだ。この文化が後にミュンヘンに流入したとのことである。
宮殿らしく圧倒的なのはタペストリー類。タペストリーは見逃しがちだが一度ハマってから、なるべく丁寧に見るようにしている。石造りの建物で保温機能を備えた壁紙のようにも使われていたタペストリー。王宮を飾る物だから当然手がかかるものであり、細工も微細で見事なものが多い。今回は食肉解体等の市井の暮らしぶりがわかるような珍しいテーマのものをいくつか見かけた。
部屋を回っているとロングコースとツアー客向けのショートコースを選べる矢印がある。余裕があるのでロングコースを選んだところ、その広いこと!結局、王宮をまわるだけで1時間以上要する。

・ニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)

ここも映画「去年マリエンバードで」のロケ地であり、映画では庭園がとても印象的に使われていた。都心から路面電車で15分ほど揺られ、そこから住宅街を抜け徒歩10分ほどで到着する。大きな敷地のお城なのに都心部からとても近い。
お城の端に到達するとそこが馬車博物館だったので、まずはこちらを見学する。歴代の王の乗り物なので豪華絢爛なのだが、つい馬車下の足回りなど駆動部分に目が行く。最高権力者の乗り物であるから当然当時の最先端技術のはずで、その視点からだと馬車の発達史が楽しめる。また、冬に馬車の代わりに使うそりも多く展示されており、屋根もなくさぞかし寒かったと思われる。
馬車博物館を出て本館に行ってみると団体観光客が非常に多い。ガラガラだったシュライスハイム城とはうってかわって、通路もあちこち渋滞している。都心から近く観光バスでも乗り付けられるので大賑わいなのだろう。しかし、お目当ての庭園へ行くと、広大すぎて人もまばら。美しい幾何学的な庭園を巡りながら映画のイメージを重ねてみた。
庭園を散策した後は本館には戻らず、そのまま城の横の公園を散歩しながら、帰路につくことができる。市民が普段使いしている のどかさと木々が美しい公園なのでついでに立ち寄るのも良い。

・アザム教会(Asamkirche)

目立たないながらマリエン広場からも近くミュンヘンに来たら必見の建物。あまりに普通の教会と異なる異様な雰囲気に圧倒されること間違いない。

● ミュンヘンの博物館/美術館ではコンビチケット(共通チケット)がお得

・コンビチケット(KOMBI-TICKETS)セット料金について

以下の美術館はコンビチケット(KOMBI-TICKETS)なるセット料金が設定されているので、網羅的に巡る方にはお得。但し、日曜日特別料金 1 ユーロがあったり特別展は別料金、休館によりお得でなかったりするので事前確認が必要である。尚、バイエルン州立絵画コレクションのデイパス(1日に5つの博物館すべて)と言うのがあるがどちらもそこそこの広さなので移動時間を考慮すると現実的ではないのでご注意を。
・バイエルン州立絵画コレクション
アルテピナコテーク 、 ノイエピナコテーク(休館中)、 ピナコテークデア モデルネ 、 ミュージアムブランドホルスト 、 シャックコレクション
・市立博物館
ミュンヘン市立博物館 、 ミュージアムヴィラスタック 、 レンバッハハウス 、 ユダヤ博物館ミュンヘン 、 ナチス資料センター
・宮殿
ニンフェンブルク 、レジデンス、シュライスハイム
・ドイツ博物館+2つの分館
・人と自然と植物園の博物館

● 美味しいミュンヘン

・ミュンヘンのビール Räuber Kneißl

1556年設立のマイザッハ醸造所(Brauerei Maisach GmbH)のビール、色濃く風味豊かで、是非試していただきたい。

・ミュンヘンのビール Räuber Kneißl とドイツ料理のレストラン Liebighof

Räuber Kneißl は、1328年設立のミュンヘンで最も古い醸造所、ホップの香りが豊かで美味しい。このビールをいただいたドイツ料理のレストラン Liebighof はバイエルン州立博物館そばでバイエルン国立歌劇場やヘラクレスザールから1kmほど。ドイツ料理を楽しんでドイツ音楽を楽しむのにも丁度良い。お店は開店して30分ほど過ぎると、あっという間に満席になった。お手頃なお値段とビールの美味しさから、その人気もうなずける。

・トルコ料理 Altın Dilim @ミュンヘン中央駅そば

味のバリエーションが豊富なトルコ料理、野菜をたくさん摂ることもできるし、お米もあるので、いささか一本調子なドイツご飯の中では貴重。ドイツはトルコからの移民も多く、お味は本格的。

・中央駅付近は食材充実で自炊に便利( City Aparthotel München

今回逗留したシティ アパートホテル ミュンヘンのキッチンは小さいながらも煮物程度なら必要充分。この辺りの食料品店はスーパー含めて量り売りなので、これくらいのキッチンがあれば、1人鍋やスープを作ったりできる。また、ドイツはチーズやハムなど加工肉が充実しているのでサンドイッチも各種作ることができる。

簡易キッチン @ City Aparthotel München

ちなみに シティ アパートホテル ミュンヘン のお部屋は旧市街外観に面していて明るい良い部屋であった。洗濯機も完備しており、トイレはウォシュレット付、カールスプラッツにも近い立地も考慮すると、かなり快適なアパートホテルである。

明るく快適な部屋 @ City Aparthotel München

● ミュンヘンでの音楽

・リヒャルト・シュトラウスの生誕の場所

場所はPschorr Garage というパーキングビルで、住所は Altheimer Eck 16, 80331 München 。

・未完のワーグナーの祝祭劇場案CG@ミュンヘン市博物館 (Münchner Stadtmuseum)

ミュンヘン市博物館には、上階の楽器博物館フロアとは別に、ミュンヘン史としての小さな音楽ブースがある。当時のミュンヘンの音楽環境を知るにちょうどよい。

・ザビーネ・マイヤー/ ミュンヘン放送管弦楽団 @プリンツレーゲンテン劇場 (Prinzregententheater)

このコンサートは、夜のコンサートと思いきや、マチネだったことに気がつき、慌ててタクシーに飛び乗った。途中、おしゃべりで前向きな運転手が気を遣ってくれる。「すぐに着くから大丈夫」と運転手に励まされ続ける展開。ただ、ミュンヘン中心部を横断するルートにあたり、なかなか到着しない。運転手の奮闘のおかげでなんとか休憩時間に滑り込むことができた。古い劇場なのでファザードには馬車用のスロープがある。なんとこのスロープを駆け上がって劇場の前に停めてくださった。気分はルートヴィヒ2世。
ちなみにこの劇場は、ミュンヘン市博物館の展示にあったルートヴィヒ2世が渇望したワーグナーの祝祭劇場案が廃案になり、ワーグナー上演用の代替のオペラ劇場が欲しいとのことで1901年に造られた。散々ワーグナー家と揉めたようで完成は遅れ、実はルートヴィヒ2世は完成した劇場を見ていない。
当日のコンサートでは、クラリネットのザビーネ・マイヤーさんがウェーバーの権威らしく、前半のそれを聞き逃したのが残念だが、後半のクラリネットとバセットホルンのためのコンツェルトシュテュックと真夏の夜の夢を聴くことができた。オーケストラはミュンヘン放送管弦楽団とマイナーだがまあ本場なので、破綻なく放送局の楽団らしく的確な演奏。
プリンツレーゲンテン劇場の音響は無難な部類で奏者と客席が近いので悪くはない、元はオペラ劇場として設計されていたのけどコンサート用としても十分な箱。豪華絢爛な装飾が演奏に華を添えるので休みの日のマチネなんかにはゆったり最適な気分のコンサートとなる。
Münchner Rundfunkorchester
Sabine Meyer, Klarinette
Reiner Wehle, Bassetthorn
Ivan Repušić, Leitung

・ヘレヴェッヘ/シュターツカペレ・ドレスデン @ヘラクレス・ザール(Herkulessaal)

ヘラクレス・ザールは録音盤も多いので、1度現地を訪れてみたかった。録音にも適した均等な響きのよい音響、自分好みで気に入った。
演目は ヘレヴェッヘ/シュターツカペレ・ドレスデンのオールモーツァルト。ヘレヴェッヘのモーツァルト演奏は安定の古楽奏法、ギリシャの神々に囲まれて聴く39.40.41番、特に41番はサブタイトルが「ジュピター」なので、このホールとベストマッチ(笑)。
Sächsische Staatskapelle Dresden
Philippe Herreweghe, Leitung

・プッチーニ:トスカ @バイエルン国立歌劇場(Bayerische Staatsoper)

旅程優先でロクに調べもせずにチケットを購入したので、実はバッティストーニが指揮とは登場するまで知らず、出てきて驚いた次第。バッティは例によって大ぶりな指揮でオケを鼓舞するのだけど、そこはミュンヘンの古株奏者の方々、易々とはのらない感じ。しかし、こうしてハルテロスなんかが普通に歌っているのを聴けるのだから、本場は本当に凄い。

Giacomo Puccini: TOSCA
Musikalische Leitung: Andrea Battistoni
Floria Tosca: Anja Harteros
Mario Cavaradossi: Stefano La Colla
Baron Scarpia: Željko Lučić
Cesare Angelotti: Markus Suihkonen
Bayerisches Staatsorchester
Chorus and children’s chorus of the Bayerische Staatsoper

・バレエ:不思議の国のアリス @バイエルン国立歌劇場(Bayerische Staatsoper)

シリアスだったり、いかついクラシックばかりではなく、たまにはこういったキュートなバレエを見て家路につくのもよい。

Joby Talbot Alice’s Adventures in Wonderland
Musikalische Leitung: Myron Romanul
Alice:Maria Chiara Bono
Carroll / weißes Kaninchen: Javier Amo
Jack / Herzbube: Alexey Popov
Mutter / Herzkönigin: Prisca Zeisel
Soloists and corps de ballet of the Bavarian State Ballet
Bayerisches Staatsorchester

・ベートーヴェン:フィデリオ @バイエルン国立歌劇場(Bayerische Staatsoper)

ベートーヴェンの「不滅の恋人」、彼女に宛てられた手紙が書かれたテプリツェを旅程に組み込んでいたので、この上演はタイミングがよかった。その「不滅の恋人」の手紙が書かれたのが1812年、演目の「フィデリオ」の初演が1814年で作曲は丁度「不滅の恋人」と同時期。この機会に苦手なフィデリオをしっかり聴くことができてよかった。
Beethoven FIDELIO
Don Fernando: Edwin Crossley-Mercer
Don Pizarro: Michael Kupfer-Radecky
Florestan: Klaus Florian Vogt
Leonore: Emma Bell
Rocco: Günther Groissböck
Musikalische Leitung: Stefan Soltesz
Bayerisches Staatsorchester
Chorus of the Bayerische Staatsoper

・ランラン/ホーネック/ピッツバーグ響@ガスタイク(Gasteig, Philharmonie)

ホーネックはデイビス/ロンドン響の代役とムーティ/シカゴ響の代役で聴き、昨年はSKDでも。自分には注目株の指揮者のひとり、今回は手兵のピッツバーグ響との演奏を聴くことができ、うれしさも倍増した。
Mozart: Konzert für Klavier und Orchester Nr. 24 c-moll KV 491
Bruckner: Symphonie Nr. 9 d-moll
Pittsburgh Symphony Orchestra
Lang Lang, Klavier
Manfred Honeck, Leitung

そして、30年ぶりのガスタイク再訪しての、その音響はやはりイマイチ。よくぞここであの響きの饒舌なチェリビダッケが指揮をし続けてくれたと感心する。

ドイツ / ミュンヘン

<詳細情報>
○ ミュンヘンの博物館
・ミュンヘン市博物館(Münchner Stadtmuseum)
・ババリア・フィルムシュタット(Bavaria Filmstadt)
・ドイツ博物館(Deutsches Museum)
・シュライスハイム航空館(Deutsches Museum Flugwerft Schleißheim)
・ドイツ博物館 交通センター分館(Deutsches Museum Verkehrszentrum)
・バイエルン州立博物館(Bayerisches Nationalmuseum)
・BMW博物館(BMW Museum)

○ ミュンヘンの美術館
・アルテ ピナコテーク(Alte Pinakothek)
・レンバッハハウス美術館(Städtische Galerie im Lenbachhaus und Kunstbau München)
・シュライスハイム城(Schloss Schleißheim)/ バイエルン州立美術館
・ピナコテーク デア モデルネ(Pinakothek der Moderne)
・ブランドホルスト ミュージアム(Museum Brandhorst)
・シャック コレクション / シャック ギャラリー(Schack-Galerie)

○ ミュンヘンの史跡
・ミュンヘン・レジデンツ(Residenz München)
・ニンフェンブルク城(Schloss Nymphenburg)
・アザム教会(Asamkirche)

○ ミュンヘンの博物館/美術館ではコンビチケット(共通チケット)がお得
・コンビチケット(KOMBI-TICKETS) セット料金について
https://www.museen-in-muenchen.de/en/home/visitorservices/visitor-service/combination-tickets/

○ 美味しいミュンヘン
・ドイツ料理のレストラン Liebighof
・トルコ料理 Altın Dilim

○ ミュンヘンでの音楽
・リヒャルト・シュトラウスの生誕の場所
Pschorr Garage Altheimer Eck 16, 80331 München
・プリンツレーゲンテン劇場 (Prinzregententheater)
・ヘラクレス・ザール(Herkulessaal)
・バイエルン国立歌劇場(Bayerische Staatsoper)
・ガスタイク(Gasteig, Philharmonie)

○ 所在地地図

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ
↑よろしければ、ランキングにクリックくださると嬉しいです。ブログランキングに挑戦中でして怪しいリンクではありません-笑