渋滞時も楽々ツーリング / BMW パニアケース(サイドボックス)の改造

BMWのオートバイ パニアケース(サイドボックス/バイクケース)のリッドというカバー(蓋)を、厚いものから薄いものに交換しました。これによってバイクの横にサイドボックスが車幅から大きくはみ出すこともなく、短期間の旅やショートツーリングで最適な状態になります。

01課題

・BMW特有の横に大きく張り出したパニアケース(サイドボックス)をなんとかしたい

これからオートバイで出かけるのによい季節です。ふらっと短距離のツーリングに行きたくなるのもこの時期。そうすると、あのBMW特有の横に大きく張り出したパニアケース(サイドボックス)はちょっと過剰感があります。なにせボクサーエンジンやハンドルの巾より出っ張っているのですから。

特に車に挟まれた時、道の脇を走る時、パニアケースをこすらないか、ちょくちょく気になってしまいます。ただ、トップケース(バイク荷台のケース)には駐車時にヘルメットや手袋など装具を入れるので、こちらだけと言うわけにはいかない。それに、ツーリングで楽しみのお土産も持ち帰りたい。このパニアケース、漁港などで買った鮮魚をドライアイスと共に入れておくと簡易冷蔵庫にもなりますし、もう片方には雨具などを常備しておくので、やはりショートツーリングでもパニアケースは必須です。

そんな、大型バイクならではのパニアケースをより便利に使えるようにするのが、今回の改造になります。BMWのパニアケースのリッドというカバー(蓋)を「ぶ厚いもの」から「薄いもの」に交換します。所謂「デカパニ」から「薄型パニ」にチェンジですね。これでパニアケースがオートバイ横に大きく張り出さず、渋滞時の車横のすり抜けなんかも可能になります。

尚、この改造によって次回からはリッド(カバー部分)だけの取り替えが可能になり、大容量と小容量と状況にあわせて便利にパニアケースを使い分けられるようになります。長距離、連泊ツーリングはデカパニで、普段は薄パニで、という使い方がよいですね。

・パニアケースカバー (リッド)交換作業概要

リッド交換の所要時間は、ヒンジ部分のネジを4箇所をレンチで外して締め直すだけなので、片方10分程度です。

02デカパニ
デカパニ時 標準リッド装着時
03薄パニ
薄パニ時 薄型リッド装着時

写真からずいぶんとリッド(蓋部分)が薄くなることがわかるかと思います。

・ パニアケースカバー (リッド)交換のしかた

①まず必要機材(薄型リッド)を購入します。
私は「動研/DOKEN」ではなく「EuroNetShop」にて欧州から純正品を輸入購入しました。

・BMW純正シティケース リッド(薄型フタのみ)
という商品を選択しましょう。尚、取り付けには『薄型リッド取り付けパーツ』(bp2c:2,600円)が必要だったり
BMWロゴ、リフレクターは含んでいないので要別途購入だったりするので注意ください。また、私の場合は関税等で900円ほど別途かかり、受取時現金で支払う必要がありました。

②次に、必要工具は
・電動ドリルφ4.5 兼 電動プラスドライバー
・ペンチ
・スパナ7mm
になります。
尚、付属の取付説明書にはφ4.0となっていますが、フランジ部分(リベット円筒周囲の出っ張り)をドーナツ状に切り取るにはφ4.5必要でした。

04工具

③電動ドリル
下記写真の右のワッシャーのようなものがフランジ部分を切り取ったあとのドーナツになります。写真の左は抜き取ったリベット二本で、穴の空いている上面にフランジが付いていました。
このリベットを取り外してリッドを本体から外すので、電動ドライバーでリベットの頭をガリガリ削りストッパーになっているフランジを外すことになります。パニアケースの内側からリベットの頭をドリルで徐々に削っていき、ドーナツ状になると、ポロっとワッシャー型になってとれるので、さほど難しくありません。

05パーツ


④ペンチ
リベットをパニアケース外側から引き抜く際に使います。しっかりハマって硬くなったリベットとスルスル抜けるリベットとあり、硬いものは、ヒンジを痛めない様にペンチでつまみながらジワジワ緩めて抜く必要があります。

⑤スパナ7mmと電動ドライバー
リベットを抜いた代替の止め具がボルトタイプのネジになっています。これによって次回からのリッド交換が非常に楽になります。この交換時にボルトタイプのネジの相手側が7mmのナットなので、このスパナが必須になります。一人で作業する際は片手でスパナでナットを押さえもう一方の手で電動プラスドライバー(トルクは最小)を操作すればあっという間に締めることができるので重宝します。

薄パニの使用感は上々です。ちょっとした外出でも荷物を肩がけしなくてよく、雨具が不要の場合には、片方だけ薄パニ装着でお出かけします。私は、そんなにハードな走りはしませんが、パニアケースはトップケースと異なりバイクの重心が下方向に寄るので走行時に安定感がありますね。

皆さんも薄パニをつけて素敵な季節のツーリングを満喫しましょう。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリング(バイク)へ
↑よろしければ、ランキングにクリックくださると嬉しいです。ランキング挑戦中でして、怪しいリンクではありません-笑